日焼けによるかゆみや湿疹が出た時の対処法は?お風呂は入っていい?

夏の時期は紫外線による日焼けのやりすぎに注意が必要です。
特に海やプールに行く時は、 顔や首周りは日焼け止めを塗り紫外線対策は万全だけど、背中や腕など体の日焼け対策は怠りがちですので気をつけたいところです。

油断して日焼けをしてしまい、 帰宅してから皮膚が赤くなっていることに後悔したなんて話もよく聞きますね。
特に眠ることのできないくらいのかゆみが出た時は辛いものです。
ここで、日焼けによるかゆみを早く何とかしたい時の対処法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

日焼けによるかゆみが出た時の対処法は?

日焼けをするということは紫外線を浴びた状態を指しますよね。
日常生活レベルで浴びる紫外線量では、すぐに体に影響を与えることは少ないですが、レジャーなどで1日中外にいるレベルになると日焼け止めを塗らない限り体に何かしらの影響がでます。
一般的には皮膚が赤くなるくらいの初期症状が挙げられますが、人によってはかゆみを発症します。
日焼けとは、軽度の火傷の症状だということはご存知かと思います。
火傷になった箇所って痛みを感じますよね。この痛みの一歩手前の状態がかゆみなのです。
かゆみが出るということは、体が火傷していることを訴えているサインとも言えます。
また、皮膚がサンバーンを引き起こしてデリケートになっているため、衣服との摩擦に反応してヒリヒリとかゆくなるケースもあります。

 

一思いに搔きむしってやろうかとやけを起こす前に少しでも早くかゆみの症状を和らげたいところですよね。
日焼けをした直後の肌に行う処置の基本は、何と言っても冷やすことです。
火傷と同じことですので、まずは冷やして皮膚の熱を抑えることが大切です。
保冷剤を直接あててしまうと、皮膚にくっついて剥がす時に痛みを感じることもありますので、ガーゼに包んで患部に当てるといいでしょう。
保冷剤がない場合は、氷水の入った器にタオルを濡らしてもいいですよ。

 

肌が熱く炎症が酷い状態の時に化粧水やクリームなどを塗ると、成分に過剰反応を示し悪化することもありますので、あれこれと試すのではなくまずは冷やすことに専念してください。
皮膚の熱が落ち着いたら、皮膚の保湿をしていくことが大切です。
日焼けした肌の水分は蒸発しており、極度の乾燥状態に近いからです。
皮膚の皮がめくれたりして色むらが起こるなど見た目が汚くこともありますので、 顔の保湿と同じで化粧水をつけることと水分が逃げないように蓋をすることが大切です。
先ほども言いましたが、サンバーン状態の皮膚は非常にデリケートです。アルコールなどに反応してトラブルを引き起こすこともありますので、なるべく刺激の少ないものを塗るといでしょう。
薬局で売っているカーマインローションアロエジェルは個人的に使用してトラブルのなかった製品ですので試してみてはどうでしょうか。
フタの役割にはワセリンがお勧めです。
同じような成分にグリセリンがありますが、グリセリンは濃度が高いと水分を蒸発させてしまい逆効果になるので、ここはワセリンを使用した方が無難です。

スポンサードリンク

患部を冷やし、熱が治まってきたら保湿をする。これが日焼けをした時の応急処置です。
ただ、応急処置をしても日焼け後のかゆみが完全に治まるまでには2日程度はかかります。
何日もかゆみが治まらない時は皮膚科で診察してもらいましょう。

日焼けによるかゆみに加えて湿疹が出た場合はどうする?

かゆみだけならまだしも、ブツブツと湿疹ができる場合もあります。
これは紫外線に対する免疫力の違いなど個人差があり、ちょっとの紫外線で湿疹が出る人もいます。
ただ、日焼け止めが肌に合わずにかぶれたり湿疹が出ることもありますので、まずは原因が本当に日焼けによるものなのかを突き止める必要があります。
水ぶくれなら紫外線による影響だと考えることができるのですが、湿疹は素人目には判断しづらいです。
このため、素人判断でケアするよりも皮膚科で診察されることをお勧めします。
皮下組織にまで紫外線の影響が及んでいる深刻な日焼けの場合は、内服薬での治療が効果的な場合もありますので、湿疹が出るレベルであれば迷わず皮膚科に行くべきでしょう。

日焼けによるかゆみが出た時はお風呂に入っていい?

かゆみは体温が上昇すると酷くなりますので、湯船には浸からない方がいいです。
どうしても湯船に浸かりたいなら、温度をぬるま湯にして体温の上昇を防ぐ工夫をするべきです。
ただ、雑菌が水ぶくれの傷口に入る危険もあるため体は清潔に保った方がいいので、シャワーはむしろ浴びた方がいいでしょう。
もちろん、シャワーの際も温度をいつもより低く設定してくださいね。

 

また、体を洗う際はボディーソープは使用しない方がいいです。というのも、ドラッグストアなどで販売されているボディーソープの多くは界面活性剤ですので、少なからず肌に刺激を与えてしまいます。
普段ならどうってことのない刺激でも、サンバーン状態の時は大きな負担になる刺激になります。
シャワーで汗を落とすくらいでその日は終えた方がいいでしょう。

まとめ

日焼けによるかゆみが出た時には、とにかく冷やして熱を抑えることが先決です。
その後は、肌の水分を補うために保湿をして様子を見てください。
日焼け後は肌がどうなっているか気になりますが、ベタベタ触って雑菌が傷口に入ることのないよう気をつけましょう。
水ぶくれや湿疹が出た場合、間違ったケアを行い肌が汚くなることもありますので、皮膚科で治療を行うことをお勧めします。

スポンサードリンク