淀川花火大会の会場付近や電車の混雑状況は?車でのアクセスは?

スポンサードリンク

大阪の花火大会と言えば、なにわ淀川花火大会!毎年約50万人もの人で盛り上がりを見せている関西の夏のビッグイベントですので、まだ観覧したことのない人は今年の夏にいかがでしょうか。

人気の花火大会で気になることと言えば、混雑状況ですよね。事前に混雑状況を確認し、気持ちに余裕を持って計画を立てるのが花火上級者です。ここで、淀川花火大会の会場付近や電車の混雑状況、車でのアクセスについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

淀川花火大会の混雑状況は?

打ち上げ会場が淀川となっていますので、付近の河川敷が観覧場所として一般開放されています。

場所取りの開始時刻は決まっており、当日の12時からとなっています。ズルして時間前に場所取りをしても運営者から撤去されることもありますので、ルールは必ず守りましょう。席はすぐに埋まってしまいますが、例年15時頃までなら席の確保はできると思います。

 

会場付近は18時頃からかなり混雑してきますので、お子さん連れの方は必ず手を繋ぎましょう。迷子で大変な思いをしたという声が、毎年聞こえてきますので。そもそも18時にまだ会場周辺にいては観覧席には間に合いませんので、早めに会場入りしておきましょう。

 

18時45分を過ぎると安全確保のため河川敷に入ることができない可能性があるので、場所取りをしてから買い物をする方は時間に注意してください。混雑する時間帯には自分の確保した席から動かない方が賢明かと思います。

 

帰りは一度に大量の人が駅に向かって動き出すため、すぐに移動するのは危険です。1時間ぐらい会場で余韻を楽しんでから移動した方がスムーズに帰宅できますよ。

淀川花火大会での電車の混雑は?

(公式HPより)

淀川花火大会の観覧場所は、淀川を挟んで十三会場と梅田会場に分かれます。地図からもわかるとおり、十三会場の最寄駅は、十三駅(阪急)や塚本駅(JR)で、梅田会場の最寄駅は、梅田駅(阪急)や大阪駅(JR)であり、最も混雑する駅になります。

17時までであれば最寄駅を利用してもいいかと思いますが、それ以降は混雑が予想以上になりますので、混雑時は最寄駅周辺にいるのは避けた方が賢明です。

十三会場であれば姫島駅(阪急)や南方駅(阪急)など、梅田会場であれば野田駅(阪急)を利用することをお勧めします。

 

帰りの電車は行きよりも混雑するため、駅まで到着するのに2時間程度かかることもざらにあります。さらに、駅に着いてからも電車に乗れるまで約1時間程度待つことになります。花火大会は21時頃に終了しますので、人の渋滞に巻き込まれると24時近くまで立ちっぱなしという訳です。

淀川花火大会には車でアクセスできる?

花火大会当日は臨時駐車場や駐輪場は設けられませんので、初めて参加される方が車でアクセスするのはお勧めできません。周辺道路は規制がしかれますので、初めて会場近くに行く人にとっては危険がいっぱいです。花火大会前にクタクタになりますよ。どうしても車で移動しないといけない事情の方でも、最寄り駅から最低でも2駅は離れた場所の駐車場を探した方が賢明です。

 

会場付近の駐車場に止める場合は、事前予約をしている民間の駐車場を選ぶしか手段はありません。「どこか空いているだろう」と安易に当日に飛び込みで行っても、午前中にはどの駐車場もすぐに満車になりますよ。1日に50万人近くの人が押し寄せるのですから、当たり前と言えば当たり前ですが。

 

運よく会場付近に駐車できたとしても、帰りが地獄になります。車が動き始めるのが日付を超えるギリギリのラインですので、辛抱強く待てない人は車でのアクセスはやめておきましょう。まあ、電車でのアクセスも混雑するので、淀川花火で混雑しないで帰るというのは無謀かなと正直思います。

まとめ

淀川花火大会は数ある花火大会の中でも、特に混雑することで有名です。行きも帰りも会場付近の道路は激混みしますので、時間には余裕を持って計画を立てることをお勧めします。混雑も花火大会の醍醐味だとポジティブに考え、花火大会を楽しみましょう。

スポンサードリンク