お年玉の相場は幼児はいくら?年齢別の決め方は?大学生は必要?

スポンサードリンク

43abe2c7acb7cddc8b6365d52f3c8dbb_s

新年を迎えると、親戚に会う機会が増えてきます。

昔は親戚に会うとお年玉を期待していたのに、いつの間にかお年玉を渡す側になってきましたね。

いざ大人になると、子供の頃はどれくらい貰っていたのかという記憶はなくなり、

いくら渡せばいいのか不安な方もいることでしょう?

特に、まだ小学生になっていない子供にお年玉をいくら渡すといいか悩んでいる方は多いです。

ここで、お年玉の相場や決め方について確認していきましょう。

スポンサードリンク

お年玉の相場は幼児はいくら?

まず、幼児にお年玉をあげる必要はあるか?というところから始めていきましょう。

小学生に上がる前の子供はお金の価値があまりわからないから、

「あげない」もしくは「現金ではなくおもちゃやお菓子を渡す」という方が全体の3割程度います。

 

私の周りでは0~2歳までの子供に現金を渡すという人は半数程度でした。

それでも半数以上は現金を渡していますので、

おもちゃにしようが現金にしようが世間からズレているとは思われません。

 

現金を渡す場合の相場ですが、1,000~2,000円が最も多い意見です。

ただ、家庭の教育方針などで小学生になるまではお年玉を渡さないでほしいと考える方も少数ながらいます。

親戚と親しい仲であれば、一度お年玉を渡してもいいか聞いてみると安心ですね。

お年玉の相場を年齢別の決め方は?

今度は小学生を例に考えていきましょう。

小学校1年生と小学校6年生では、同じ額のお年玉を渡す人はあまりいないでしょう。

そんなことしたらお兄ちゃん(お姉ちゃん)の機嫌が悪くなりそうですね(笑)

 

単純に年齢が上がっていくにつれて金額を上げるといいのですが、

どのような基準で年々金額を増やしていけばよいでしょう。

一般的に年齢×500円を基準にしている人が多いです。

 

小学校1年生であれば、7歳×500円=3,500円

小学校6年生であれば、12歳×500円=6,000円

になります。

 

特にこだわりがなければこの基準に乗っ取って額を決めていきましょう。

そう言われると、わたしもだいたいこんな額のお年玉を貰っていたような気がします(笑)

もしかしたら、親戚のおじさん達はこの基準を参考にしてたのかも!

お年玉の相場は大学生はいくら?

大学生のお年玉事情ですが、おじいちゃんおばあちゃんから貰うという人は3割程度いますが、

親戚から貰うという人はほとんどいません。

まあ、孫は可愛いですから渡したくなりますよね。

金額に関しては、1万円が圧倒的に多いです。

 

参考までに、わたしは大学生の時に祖父母や親戚からお年玉を貰ったことは一度もありません。

わたしが可愛くなかったとは思いたくはありませんが(笑)

 

別に渡したところで世間知らずなどのレッテルを貼られることもないので、そこは個人の自由です。

また、成人式にお祝い金を渡して、それ以降お年玉も渡さなくなったとの声もあります。

お年玉の止め時として

①高校卒業まで

②成人式まで

③大学卒業まで

だいたいどの家庭もこの辺りでお年玉を渡さなくなりますので、

この中からやりやすいタイミングを選ぶといいでしょう。

 

まとめ

幼児へのお年玉の相場は1,000円から2,000円が一般的であり、

小学校以降は、年齢×500円が基準になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です