夏バテで食欲がない時の食事方や効果のある食材は?水分補給も重要!

夏になると、疲れやすくなったり暑くて食欲がなくなりやすくなりますよね。

俗に言う「夏バテ」というやつです。

夏バテの原因は、夏の暑さにより自律神経の乱れや胃腸の働きが弱まることなどが考えられます。

特に食事に関しては、食べる気が起きないので栄養が不足しがちで体調管理が難しくなりますので、ここで夏バテになった時に早く元気になるための食事方について確認していきましょう。

スポンサードリンク

夏バテで食欲がない時の食事方は?

夏バテが原因の食欲不振の場合、まったく食べないと体力は低下する一方です。

しかし、食べる気持ちが起きないのに無理にいつもの食事をする必要はありません。

1~2日程度は、スープなど喉を通りやすいものを少しづつ食べるようにしましょう。

胃腸の働きが弱まっている可能性があるので、できるだけお腹を冷やさないためにアイスなどは避けた方がいいですね。

 

少しずつ元気になっても油断はできません。

一度に無理やり食べると嘔吐や下痢の原因となってしまいますので、無理せず少量を何回かに分けて食べるとよいでしょう。

食欲をアップさせる工夫

食欲を少しでも回復させるために盛り付けや料理法も工夫しましょう。

例えば、そうめんでも氷を盛り付けることで涼しさを演出することで、暑さを忘れ食欲が上がるんですよ。

また、器いっぱいにぎっしり盛り付けるよりは、少量だけ盛り付ける方が食欲は上がります。

さらに、酸味は食欲を上げるのに効果的です。酢の物や梅干しを食べることもよいでしょう。

辛味も食欲を上げるのですが、胃腸の働きが弱まっているので消化不良や下痢の原因になりやすく注意が必要です。

夏バテに効果のある食材はこれ!

夏バテに効果的な栄養素は、ビタビンB1、B2、B6、Cやタンパク質、クエン酸などが挙げられます。

 

ビタミンB1は、摂取した炭水化物をエネルギーに変えるのを助ける働きがあります。

ビタミンB2は、摂取した脂質をエネルギーに変えるのを助ける働きがあります。

ビタミンB6は、摂取したタンパク質をエネルギーに変えるのを助ける働きがあります。

いわば三大栄養素をエネルギーに変換させるために、これらのビタミンが活躍します。

エネルギーがでないと人は動けませんよね。夏バテを吹き飛ばすパワーを得るにはこれらのビタミンは欠かせません。

スポンサードリンク

ビタミンCは、夏バテの原因である自律神経の乱れを整える働きがあります。

自律神経の乱れはストレスが関与していることもあり、ストレスを緩和させる作用のあるビタミンCが活躍するのです。

 

たんぱく質は、夏バテを解消すると言うよりも、不足することで夏バテを引き起こす要因になるため摂取が必要と言えます。

夏はそうめんなど炭水化物中心の食事メニューに偏りがちですので、意識的にたんぱく質を摂取することが大切なのです。

 

クエン酸は、血流をよくしたり、胃腸を整える働きがあるほか、疲労物質である乳酸を減少させる働きもあります。

夏バテでダルくなった体を元気にするためにクエン酸が活躍するのです。

 

夏バテ解消に効果的な食材

ビタミンB1・・・豚肉やレバー、枝豆、豆腐、にら

ビタミンB2・・・卵、納豆、にら

ビタミンB6・・・レバー、魚介類、卵

ビタミンC・・・ブロッコリー、オクラ、ピーマン、レモン

タンパク質・・・夏は魚介類や豆腐などが食べやすいでしょう。

クエン酸・・・酢、レモン、梅干し、グレープフルーツ

中でもビタミンB1はアリシン(アリル化合物)と呼ばれる成分と一緒に摂取することで夏バテ解消効果が倍増します。

このアリシンが多く含まれている食材には、ニンニクやネギ、玉ねぎ、ニラなどがあり、ビタミンB1が豊富な豚肉とこれらの食材を調理するメニューが最も簡単かつ効果的と言えます。

豚の生姜焼きに玉ねぎを一緒に炒めたりするなど工夫してみましょう。

夏バテ対策には水分補給も重要

夏バテの原因の一つに水分不足も考えられます。

喉が渇いた状態は、すでに軽度の脱水状態になっている可能性がありますので、喉が渇く前にこまめに水分補給をすることが重要になります。

特に、起床時や就寝前、お風呂上りは水分が不足していますので、忘れずに水分補給を行いましょう。

飲み物はスポーツドリンクではなく、水やお茶で十分です。

熱中症対策にはスポーツ飲料は効果的ですが、室内中心の生活では糖分の過剰摂取に繋がるからです。

 

一度にたくさん摂取すると胃腸に負担がかかりますので、1度の摂取量は2口程度がちょうどいいでしょう。

また、冷たいと感じる低い温度も胃腸に負担をかけやすいので、夜は温かい飲み物を補給するなど工夫しましょう。

まとめ

夏バテにならないために、普段から栄養バランスのとれた食事や水分補給をしっかりとることが大事です。

また、睡眠不足も夏バテを引き起こす要因になります。

同じ時間に床に就くことで質の高い睡眠に入ることができ、疲労回復やストレスの解消を促進させることができます。

生活リズムと食事に気をつけて夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク