お中元のお返しは必要?相場は?いつまで贈ればいい?

スポンサードリンク

7月の上旬はお中元を贈る時期ですが、ある日突然、予想外の人からお中元が届いて困っていませんか?

お中元のマナーって対応次第でマナー違反と言われたりして難しいですよね。

お中元を頂いたらお礼だけでいいのか、何かお返しの品を贈った方がいいのかなど、お中元のお返しは何かと頭を悩ませますよね。

その辺が曖昧な方は、ここでお中元のお返しについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

お中元のお返しは必要?

お中元は、目下の人が目上の人に日頃の感謝の気持ちを込めて贈り物をするというものです。

仕事関係ですと、職場の上司だけでなく、お世話になっている取引先などにも贈ります。

このため、基本的にお中元のお返しの品は贈らなくてもマナー違反になりません。

お返しの品を贈ること事体はマナー違反でありませんが、目下の者からするとお返しがくることを予想していないため「何かお返しをしないといけないのか?」とお返しのお返しを考えてしまうなど、さらに気を遣わせてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また、原則としてはお返しは不要ですが、行わなければいけないマナーがあります。

それは、お中元を頂いたらお礼の気持ちを表すことが必要です。

貰いっぱなしでノーリアクションは絶対止めましょう。

 

親しい仲であれば電話で済ませてしまうこともあるかと思いますが、人によってはマナー違反だと捉えられてしまうことがあります。

最もスタンダードなお気持ちの表現はお礼状を送ることです。

ハガキや手紙などに気持ちを込めて手書きしましょう。

お中元のお返しの相場は?

お返しの品を贈る場合は、相手から頂いたお中元より高価な品を贈らなければいけないのでしょうか?

原則は、相手から頂いたお中元の価格以上の品は贈らないのがお返しマナーです。

頂いた品の半額程度の品を贈るとよいでしょう。

お返しの品の定番としては、ハムやコーヒー、タオルなど日用品が挙げられます。

 

同等の金額、もしくはそれ以上の高価な品物をお返しした場合、「次からお中元はいらないですよ。」もしくは「あなたから頂くつもりはありません。」などマイナスの意味を含むとされていますので、良かれと思ってもトラブルを生む可能性がある以上止めた方が賢明です。

お中元のお返しはいつまで贈ればいい?

お礼状は、お中元を頂いたら3日以内に出しましょう。

お返しを贈る予定の人でも、お礼状は早めに送りましょう。

「ありがとうございました。」と感謝の気持ちは時間が経つにつれて鮮度を失いますので、礼儀を重んじる人ほど早めに伝える必要があるのです。

 

お返しの品を贈るという方は、お中元が届いてすぐに贈る必要はありません。

このため、急いで品物を探すことがないので慌てなくて済みそうですね。

 

なぜ、お返しの品物はすぐに贈る必要がないのでしょうか?

お中元は7月1日~15日まで贈るのが一般的です。(地方によっては8月1日~15日のところもあります。)

相手からのお中元が13日など終盤に届いた場合に、お中元としてのお返しができないからです。

このため、7月16日~8月6日までの暑中御見舞や8月7日~23日までの残暑御見舞としてお返しを贈るのが一般的となっています。

まとめ

お中元のお返しは原則必要はありませんが、お礼状を出すのはマナーとなっています。

もしお返しの品を贈る場合は、暑中御見舞や残暑御見舞として理由づけするといいでしょう。

その場合でも、お礼状だけは早めに送りましょうね。

スポンサードリンク