お中元は旦那の実家や兄弟に必要?結婚後は自分の両親にも?

日頃お世話になっている人に贈るお中元ですが、結婚してお嫁にいった方は、旦那さんの実家、つまり義理の両親にお中元を贈った方がいいのか悩みますよね。

友人達に聞いても、贈る派もいれば贈らない派もいて、どっちが正解かわからないと困っていませんか?

ここで、義理の家とのお中元のやりとりについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

お中元は旦那の実家に必要?

高橋さんが鈴木さんの家に嫁いだ場合、鈴木家(旦那の実家)にお中元を贈らないことがマナー違反になるのかというのが今回の論点になります。

お中元のマナーに「結婚したら必ず義理の実家にお中元を贈る」といったことはありません。

マナー上は贈っても贈らなくても問題はないので、それぞれの家庭の方針によって左右される問題なのです。

 

贈る派の意見としては、

・礼儀として大切な事だから

・結婚する前から子供と親の間でお中元のやりとりを行っていたから

・お母さんが、お父さんの実家にお中元を贈っていたから(お母さんの対応を真似した)

などの理由から贈ることにしている家庭もあります。

 

一方、贈らない派の意見としては、

・家族間のことだから堅苦しいことはしたくないから

・お中元のやりとりは親戚間だけで家族間はしないという家庭のルールがあるから

・お盆時に帰省した時に手土産を持って行くから

などの理由から贈らないことにしている家庭もあります。

 

どちらかが間違っているという訳ではなく、大事なのはこちらと義理の実家の意見が合っているかどうかです。

義理の実家では「お中元が贈られてくるのは当たり前」と考えているのに贈らなかったり、逆に義理の実家が「お中元は不要」と考えているのに贈ったりと、双方の思惑が異なる時にトラブルが発生しやすいです。

スポンサードリンク

そのため、まずは旦那さんに「実家にお中元のやりとりに関して何か方針があるのか?」ということをリサーチする必要があります。

旦那さんに直接実家に確認してもらうのもアリです。

自分の判断だけで突き進んでしまい、後から後悔したというケースもありますので、ここは慎重に対応しましょう。

お中元は旦那の兄弟に必要?

義理の実家と同様に、マナーがあるわけではありません。

こちらも各家庭の方針で対応が変わってきますので、まずは旦那さんに相談することから始めましょう。

兄弟間のことなので、旦那さんが兄弟に連絡し、話し合いで決めるとスムーズに対応できるでしょう。

若い方であれば兄弟間でお中元のやりとりは行われないケースが多いので、面倒なら不要の方向で提案した方がいいでしょう。

お中元という形ではなく、旅行に行った際のお土産を贈るくらいの関係がいい距離感だと私は思います。

結婚後は自分の両親にお中元が必要?

結婚し姓が変わることで、自分の実家にはお中元が必要なのか悩みますよね。

これに関しても、自分の意見で決めるよりも旦那さんの意見を確認した方がいでしょう。

というのも、旦那さんにとってはお嫁をもらった立場なので、礼儀として贈りたいという考えの人がいるからです。

旦那さんがどうしても贈りたいというのであれば、一度贈ってみて両親の反応を見てみるといいでしょう。

両親から「お互い気を遣うだけだから来年から贈らなくていいよ。」なんて言われたら止めればいいだけです。

義理の実家と違い、自分の実家なので気楽に考えても大丈夫ですよ。

まとめ

旦那の実家にお中元を贈るかどうかは、それぞれの家庭で対応が異なります。

トラブルを生む原因となるのは、自分の意見だけで判断することです。

特に旦那さんと確認することが必要ですので、夫婦で最善の選択を考えていきましょう。

スポンサードリンク