下駄の鼻緒で指が痛い時は絆創膏が効果的?きついのを緩める方法は?

スポンサードリンク

浴衣を着る時の足元は、下駄を履くのが定番です。花火大会などに向けて、下駄を購入した人も多いのではないでしょうか。

さて、下駄を履く時の悩みとして「鼻緒で指が擦れて痛い」という声をよく聞きます。

歩いている途中で指の間が痛くなったら、花火を楽しむどころじゃありませんよね。ほろ苦い思い出にならないように、鼻緒で指が痛くならないよう対策を確認していきましょう。

スポンサードリンク

浴衣の時に下駄を履くと鼻緒で指が痛い原因は?

下駄の鼻緒で指の間が痛くなると、本当に歩くのが辛いものです。

私も鼻緒で指の間の皮がめくれてヒリヒリと痛み出した経験がありますが、一度痛み出してしまったら応急処置をしても完全に痛みがなくなることはありません。

そのため、痛くなる前に対処することが大切です。

 

まず最初に、なぜ鼻緒で指が痛くなるのか確認していきましょう。

下駄を履いた時に痛みが出る方のほとんどは、サイズが合っていないことが原因です。

「きついのは締め付けで痛くなるから、ゆったりとしたサイズがいいだろう。」と多くの人は靴擦れが怖くてワンサイズ緩めの下駄を購入しがちですが、実は緩すぎてもダメなんです!

 

下駄に足がフィットしないため滑って脱げやすくなり、知らず知らずに指の力で鼻緒をグッと掴んでしまいます。

特に上り坂は指の力がこれでもかというくらい入ります!

このため、指の側面が力いっぱい擦れてしまい皮がめくれてしまうのです。

 

さらに親指と人差し指の間の付け根が痛くなる場合もありますよね。

これも、サイズが緩いことが原因です。

サイズが合っていれば付け根の手前でフィットするのですが、緩いと付け根にまで鼻緒があたってしまい、歩くたびに体重が指の付け根にかかり、鼻緒に指の付け根が押し付けられて痛くなるのです。

 

ビーチサンダルと違い、下駄は足を突っ込むものではなく、かかとが少し外にはみ出るくらいが正しいサイズ感なのです。

指の付け根が鼻緒にあたるということは、サイズが緩いということ。少しキツイくらいがちょうどいいのです。下駄を履いた時に、指1本入るか入らないかが目安です。

足に合った下駄を履くだけで、指の痛みの悩みはほとんど解消されます。

下駄を購入する際は、必ず試着して履き心地を確認することが重要です。

下駄の鼻緒で指が痛い時のクッションとして絆創膏は効果的?

自分に合った下駄を購入しても、普段履き慣れていない履物ですのでいつ痛みがくるか不安になりますよね。

「絆創膏を始めから指に貼っておくよ」なんて声も聞こえますが、絆創膏は時間が経つにつれ剥がれてきてしまったりズレてくるのであまりお勧めできません。

私が今まで試してきた中では、キズパワーパッドが一番効果があると感じています。

元々は、擦り傷や切り傷など外傷の治療に用いられるものですが、絆創膏と違いクッション性が高いので鼻緒と指の間の摩擦を和らげてくれるのです。

また、水に濡れても剥がれることはありませんので、1日歩いても汗などで剥がれる心配もなく、肌に近い色で目立つ心配もありませんので、女性の方でも問題ありませんよ。

絆創膏より値段が高めですが、毎日貼る訳ではないのでこれくらい贅沢してもバチはあたらないでしょう。(笑)

キズパワーパッドはドラッグストアで簡単に手に入る商品なので、一度お試しあれ!

下駄の鼻緒がきつい時の対処法は?

万が一、購入した下駄の鼻緒がきつかった場合は少しでも鼻緒をほぐしたり緩めたいですよね。

時間がある方であれば、購入した履物店で鼻緒を調整してくれるか確認するといいでしょう。

ただし、すべての下駄が調整できる訳ではありません。

底が薄かったり安物の下駄は調整不可のものが多いので、その場合は諦めて新しい下駄を購入するか我慢して履くかのどっちかです。

 

時間がなく自分で調整するしかない時は、手の人差し指と中指で鼻緒を掴んで引っ張り上げて伸ばすのが最も簡単な方法です。

基本的に指で引っ張ったぐらいで鼻緒が切れたり引っこ抜いてしまうことはありませんので、遠慮はいりません。

万が一切れてしまった場合は紐の質が悪いです。そんな紐なら履いている時にすぐに切れてしまうので、むしろ今切れてラッキーと思いましょう。

まとめ

下駄の鼻緒で指が痛くなる原因は、サイズが合っていないからです。

緩い下駄を購入して失敗するケースが多いので、試着した際に指1本入るぐらいを目安にしましょう。

初めて下駄を履く人は、キズパワーパッドで指を保護することが効果的です。

これで花火大会もばっちりですね。楽しい思い出を作ってください。

スポンサードリンク