浴衣を着る時は男も肌着が必要か?パンツはトランクスでOK?

夏になると、友人や彼女と一緒に花火大会に行く機会が増えますね。

私服でもいいですが、夏の風情を楽しむので浴衣を着る人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、若い人にとっては浴衣を着る機会は少ないため、「間違った着方をして失敗した。」なんて声もよく聞こえてきます。

浴衣の着方は皆さんよく調べていて大丈夫なのですが、下着に関して失敗してしまうケースが多いです。

ここで、浴衣の中に着る肌着やパンツについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

浴衣を着る時は男は肌着が必要か?

旅館で一泊する時なんかは、浴衣を着る機会がありますよね。

その際、パンツ一枚でそのまま浴衣を羽織る人が圧倒的に多いため、浴衣はパンツだけ履けばいいと勘違いしている人がいます。

 

しかし、実は浴衣を着る時は、肌襦袢(はだじゅばん)と呼ばれる肌着を着用することが望まれます。

肌襦袢は、ワイシャツの中に着るアンダーシャツのような役目があり、着物に汗を染み込ませないことを目的としています。

 

温泉旅館だと室内にいる間しか基本的に浴衣は着ませんが、花火大会になると暑い時に長時間歩くこともあります。

夜とはいえ真夏に歩くので、汗っかきではない人でも汗をかいてしまいます。

特に脇と帯を締めた部分って蒸れやすくて、汗が出やすい箇所なんですよ。

 

肌着を着用しないと着物に汗が染み込み、シミ汚れの原因になるだけでなく着崩れしやすくなります。

浴衣が着崩れすると直す場所を考えたりと色々面倒になり、思い出が台無しになるかもしれません。

スポンサードリンク

しかし、肌襦袢を持っている人はあまりいないでしょう。

わざわざ肌襦袢を購入しなくても、ユニクロで売っているVネックのアンダーシャツで代用しても構いません。

Uネックは肌着が着物からはみ出てしまい格好悪くなりますので、Vネックを選びましょう。

また、色は肌の色に近いベージュがおすすめです。

というのも、手を挙げた時などに脇袖から肌着が見えても、ベージュなら目立つこともありません。

ましてや、夜なのでほとんどわからないですよ。

浴衣を着る時は男のパンツはトランクスで大丈夫?

しゃがんだ時などに浴衣がはだけてしまうと、ゆるゆるのトランクスでは危険です。(笑)

そこでお勧めなのが、ステテコになります。(膝丈くらいの長いパンツです)

浴衣からチラッと見えても問題ありません。

むしろ、「ムダ毛のある足を見るよりそっちの方がいい」という女性の意見が多いので、ステテコを履いておけば間違いないですよ。

 

ステテコは膝丈まで長さがありますので、太ももから出る汗を広範囲で吸収してくれます。

このため、浴衣が痛むのを防ぐだけでなく、汗で内ももと浴衣がくっついて不快になることも防いでくれます。

まさに一石二鳥の機能というわけですね。

 

ステテコっておじさんのイメージがありますが、最近ではユニクロなどで若い人向けの商品も売っていますので、いまやそこまで抵抗はないでしょう。

ただ、オシャレになりすぎて、下着なのかズボンなのか位置づけがわからなくなっています。

パンツを履いたうえからステテコを履くべきか、ステテコ1枚で過ごすべきか悩んでいませんか?

その点に関しては、見えない部分ですのでどちらでもいいですが、パンツを履いたところで洗濯物が増えるだけですので、ステテコ1枚をお勧めします。

注意点としては、浴衣は布一枚と透けやすい素材ですので、派手な柄物や濃い色のものは避けた方がいいですよ。

まとめ

浴衣を着る時、男性は肌着とステテコを着用するのが基本です。

どちらもユニクロで手頃に揃えられるものですので、ぜひ購入しておきましょう。

夏の夜を快適に過ごして、楽しい思い出を作りましょう。

スポンサードリンク