日焼け止めは男性も必要?塗るとにきびが増える?クレンジングはいる?

スポンサードリンク

春になり暖かくなると、外出する機会が増えてきますね。

男性の方は、外に出る時に紫外線対策はしていますか?

「男は日焼け止め必要ないでしょ!」という考えはもう古いですよ!

 

オゾン層の破壊により年々紫外線による影響が大きくなってきていますので、男性でも紫外線対策は必要です。

紫外線というと夏のイメージが強いですが、実は6月には大量の紫外線を浴びているのですよ。

紫外線対策は、夏からでは遅いのです。

ここで、紫外線対策や日焼け止めの正しい知識を学んでいきましょう。

スポンサードリンク

日焼け止めは男性も必要?

若いうちは代謝がいいので、肌の生まれ変わるサイクルが早いです。

このため、紫外線による肌の変化が見えづらく、一見日焼け止めは必要ないと思われがちです。

しかし、10年後、20年後の肌は紫外線対策をしている人としてない人では、見た目に大きな変化が表れるのです。

紫外線対策をしていないと、しわやたるみ、シミのトリプルパンチがあなたの肌に襲いかかってきます。

歳をとると見た目年齢を決めるのは、肌です。

年齢よりも老けて見られないためにも紫外線対策は重要なのです。

またニキビ跡に悩んでいる人にとっては、紫外線は天敵です。

素早くニキビ跡を治すためにも、紫外線から身を守らなければいけません。

ちなみにニキビ跡ケアに関しては、「ニキビ跡の治し方を徹底解説!赤みとクレーターを消す方法まとめ」に詳しくまとめられていましたので、こちらを参考にするといいでしょう。

 

紫外線は夏のイメージが強いが、実は曇りの日でも紫外線を浴びています。

5~6月も実は紫外線が多い季節なんですよ!

6月なんて梅雨の季節で曇りがちなので、意外ですよね。

また、紫外線は窓やカーテンを通り抜けるため、室内にいるからといって油断できません。

これらの理由から、男性でも季節に限らず日焼け止めを塗ることをおすすめします。

男は日焼け止めを塗るとにきびが増える?

紫外線がニキビの原因になる可能性があるということをご存知ですか?

人は、紫外線を浴びると活性酵素というものを生み出します。

活性酵素は一定量であれば肌には無害なものですが、紫外線を浴び過ぎて活性酵素の量が増えてしまうと肌細胞に悪影響を及ぼすのです。

 

具体的には、活性酵素はニキビの皮脂に反応し、毛穴を詰まらせる原因となるのです。

詰まった毛穴が炎症を起こし、ニキビが増えたり、現在あるニキビを悪化させることにも繋がります。

こうした理由から、活性酵素を増やさないためにも日焼け止めは必要と言えますね。

 

しかし、人によっては日焼け止めが合わなくニキビが増える人がいます。

日焼けはしたくないけど、ニキビが増えるなら日焼け止めは塗りたくなくなりますよね。

ですが、ご安心ください。日焼け止めを正しく使えば、むしろにきびを防ぐことができます。

日焼け止めは、用途に応じて選ぶことが大切です。

日焼け止めには、SPFという基準があります。聞いたことがあるという方もいることでしょう。

ドラッグストアで取り扱っている日焼け止めのSPFは、20~50の間がほとんどです。

このSPFの数値が高いほど、紫外線から身を守るバリアが強いと考えてください。

 

「簡単じゃん。SPFが高いのを選べばいいんだね。」と思いますが、実はそうではないのです。

というのも、バリアが強いということは、肌への負担も大きいということです。

毎日SPF数値の高い日焼け止めを塗っていると肌が弱まり、ニキビができやすい状態になってしまうのです。

スポーツなどで一日中外にいる時はSPF30以上のものが適切ですが、日常生活であればSPFは30もあれば十分効果が期待できます。

ほとんど室内にいるのに、SPF50の日焼け止めを塗るのは肌に負担をかけるだけですので止めましょうね。

 

日焼け止めは、2時間置きにこまめに塗ることで紫外線を防ぐ効果が高められます。

なぜなら、日焼け止めが皮脂や汗によって流されてしまうからです。

ただ、男性はそこまで気にすることもありません。

朝の洗顔後に1回塗れば、後は汗をかいた時などに塗りなおす程度で十分ですよ。

男も日焼け止めを落とすクレンジングは必要?

基本的にクレンジングは必要ありません。

最近の日焼け止めは、洗顔料で落ちるタイプが主流ですので、通常の洗顔で問題ありません。

心配な方は、日焼け止めの説明書きに「石鹸で落ちる」とう記載があるのを選ぶと間違いないです。

 

なお、日焼け止めを落とそうと、指で強くゴシゴシ力強く洗うのは危険です。

紫外線を浴びた肌は弱まっているので、優しく泡立てて転がすように洗いましょう。

洗顔ネットを使うと簡単にフワフワの泡が作れますよ。

100均で売っている安いやつで十分です。

まとめ

紫外線は夏以外にも浴びているため、男性でも日焼け止めを塗った方がいいです。

特に5月、6月は紫外線量が多い時期なので注意が必要です。

 

肌への負担を最小限にするために、用途に合った日焼け止めを使うことが大切です。

毎日のケアが10年後、20年後の自分を守ることに繋がります。

男性でも正しい紫外線対策を行いましょう。

スポンサードリンク