喪中時に年賀状が来たら返事は必要?寒中見舞いでよい?文例は?

スポンサードリンク

591080

身内に不幸があった時、喪中はがきを出して、

年始の挨拶は控える旨を伝えるのが一般的なマナーとなっています。

「今年は年賀状も書かないなんて、新年迎えた気がしないなあ」と思っていた矢先

突如年賀状が届いた場合、あなたはどう対応しますか?

「返事って必要なの?年賀状を出してはいけないと聞くしなあ。」

とその辺が曖昧な方はここでしっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク

 

喪中時に年賀状が来たら返事は必要?

原則として、喪中はがきを送っている場合は、返事は不要です。

これは、喪中はがきの中で年末年始の挨拶は控える旨の連絡をしているから、

本来返事は必要ないと考えるのが一般的だからです。

 

ただ、何らかの手違いでその人に喪中はがきが届いていない可能性もあるし、

せっかく年賀状を貰ったのに返事もしないのは気持ち悪い。

という方は、返事をしてもいいです。

その場合は、年賀状での返事は避けましょう。

その代わりに寒中見舞いで返事を行うことをオススメします。

 

喪中時の年賀状の返事は寒中見舞いで行う

寒中見舞いは、季節のご挨拶や、喪中の方へのご挨拶として出すものです。

最近では、お正月を海外で過ごす方家族も増え、

松の内(1月7日)までに年賀状の返事に間に合わない時に利用されることもあります。

喪中時に送られてきた年賀状の返事も寒中見舞いで行うのが一般的とされているのです。

 

寒中見舞いを出す時期としては1月5日頃から2月4日頃までとされていますので、

喪中はがきを送った方から年賀状が届いたらすぐに準備しましょう。

寒中見舞いに使うのは、一般の官製はがきです。

また、寒中見舞いは弔事ではないので、切手は普通の切手を使用します。

 

喪中時の年賀状の返事の文例について

それでは、寒中見舞いを送る時「何を書けばいいの?」という疑問にお答えしていきます。

まず、右上からやや大きめの字で「寒中見舞い申し上げます」と記入します。

言わばタイトルのような形になります。

 

次に年賀状に対する返事を書いていきます。

寒中見舞いですので、最初にこれからますます寒くなるけど、体は大丈夫ですか?

と相手の健康を気遣う文章を入れます。

例文としては

「厳しい寒さが続いていますが、皆様にはお変わりございませんか」などが無難です。

 

そして、次に年賀状を頂いたのに今の時期に返事を書くことの経緯を説明していくのですが、

これは喪中はがきの時にお伝えしていることですので、サラッとでいいです。

「父 ○○(続柄・故人名)の喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせて頂きましたが、本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます」

ぐらいで大丈夫です。

まとめると、

寒中見舞い申し上げます

厳しい寒さが続いていますが皆様にはお変わりございませんか

父 ○○(続柄・故人名)の喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせて頂きましたが

本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます

書き方のポイント
・小説とかと違って、書き出だし(文頭)は一文字下げたりしない。

・文中に句読点(「、」や「。」)」は書かない

これは昔からの慣習ですので、守った方が無難です。

 

まとめ

喪中はがきを出した方から年賀状が来たら、原則として返事は不要です。

ご家庭の方針や相手との関係性を考慮して返事をする場合は、

寒中見舞いで行いましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です