日傘の遮光効果で紫外線は防げる?寿命や地面からの照り返しは?

夏が近づき、シミや日焼けの原因になる紫外線対策を考えなければいけない季節になりました。

最近では外出の際、日傘を差す人が男女ともに増えてきています。

 

日傘を差す目的は、「暑さ対策」と「紫外線対策」になります。

目的によって日傘を選ぶポイントが違うことをご存知でしょうか?

そのへんが曖昧な方は、ここで確認していきましょう。

スポンサードリンク

日傘の遮光効果で紫外線は防げる?

日傘を購入する際、「遮光率」や「UVカット率」という文字をよく見かけます。

遮光率というのは、簡単に言えば「可視光線のカット率」のことです。

 

太陽光には、波長の違いにより可視光線や紫外線、赤外線に分けられます。

可視光線は目に見える光で、明るいとか暗いとかを感じるのは可視光線の影響です。

 

日傘の遮光率が高いということは、目で見える可視光線を通しにくいということ。

陰の濃さとも言えます。

要は、遮光率は日除け効果の目安と考えてください。

炎天下の暑さを和らげたい時は、遮光率の高い日傘を選ぶといいでしょう。

 

しかし、遮光率が高いからと言って、紫外線をカットできるかどうかはわかりません。

日傘の遮光効果は、あくまで目で見える光を通さないということです。

遮光率が高くても、目に見えない紫外線はあっさり傘をすり抜けてしまうのです!

ですので、日焼けやシミを引き起こす紫外線をブロックすることを目的に日傘を選ぶなら、遮光率はあまり参考にならないです。

 

そこで、日焼け対策の判断材料になるのが「UVカット率」になります。

ご存知のとおり、UV=紫外線です。

紫外線が傘を通るかの判断基準になるため、日焼けやシミ予防の目安とすることができます。

 

最近では、UVカット率99.9%や100%の日傘も多くあります。

そのため、日傘は紫外線をカットするために効果的な対策と言えます。

 

さらに、傘の生地は厚みがあるものや二重になっている方が紫外線カットの効果が高いです。

日傘の色は、紫外線カットにあまり関係ないので好きな色を選んでOKです。

個人的には、黒よりも白の方が見た目が軽やかで気分的に涼しく感じます。

スポンサードリンク

日傘の遮光効果の寿命はどれくらい?

日傘の寿命は意外にも短く、早い物で1年、長いものでも3年が寿命の目安となっています。

そうとは知らずに、何年も同じ日傘を差している人が多くいるのが現状。

一見、光を防いでいるように思えますが、紫外線は肌に染み込んでいる可能性が高いです。

 

日傘を定期的に買い替えることが重要ですが、手入れをしっかりすることで紫外線カット効果を保つことも大切です。

日傘の手入れの基本は、乾燥させ暗い所で保管すること。

また、市販されているUVスプレーを定期的に日傘に吹きかけるのも効果的です。

ただし、手入れをしっかりした場合でも2~3年で新しいものに買い替えるべきです。

 

木の枝などに引っ掛けてしまい生地が損傷した場合は、遮光率やUVカット率の効果はほとんどなくなります。

もったいないですが、機能を果たせない以上は買い替えましょう。

日傘の遮光効果では防げない地面からの照り返し

日傘があれば紫外線対策はバッチリな気がしますが、実はそうではありません。

UVカット率の高い日傘にも弱点があるのです。

それは、地面からの照り返しです。

 

日傘は上からの紫外線に関しては滅法強いのですが、下からの攻撃はノーガードと言っても過言ではありません。

反射してくる紫外線は、上から直接浴びるものよりは少ないのですが、それでも塗装したアスファルトだと10%も反射するのです。

 

この10%が積もって、歳を取るにつれてシミやシワの原因となると考えると日傘だけでは万全とは言えません。

そのため、紫外線対策には日傘だけでなく、日焼け止めを塗るなど複合的に対策をとることが大切です。

むしろ、日傘はメインではなくサブとしての役目として使用するのが賢い判断でしょう。

まとめ

日傘を選ぶ際のポイントに、遮光率とUVカット率があります。

遮光率は暑さを和らげる効果の目安で、UVカット率は紫外線カット効果の目安です。

遮光率が高くても紫外線を通すこともありますので、紫外線対策として日傘を使うならUVカット率の高いものを選びましょう。

 

日傘の寿命は1~3年と短く、さらに地面からの照り返しは防げません。

日焼け止めを塗ったうえで日傘を使用しましょう。

 

また、私たちは曇りの日も紫外線を浴びています。

そのため、日差しが強い日以外にも日傘を差すことが大切です。

スポンサードリンク