冷え性対策で靴下を寝る時に履くのはダメ?睡眠直前の運動は?

スポンサードリンク

冷え性でお困りの方は、睡眠時になかなか寝付きにくい経験ってありますよね。

足から冷気が出ているようで、温めるために何とかしたいところです。

 

寝る時の冷え性対策として、靴下を履いて足を温める人もいるのではないでしょうか。

ただ、「寝る前に靴下を履くのはよくない。」と聞くこともあります。

実際はどうなのでしょう?

その辺が曖昧な方は、ここで寝る前の冷え性対策について確認していきましょう。

スポンサードリンク

冷え性で靴下を寝る時に履くのはダメ?

冷え性の方が寝る時に靴下を履いてはいけないと言われる理由は3点あります。

まず1点目。

睡眠時には誰でも汗をかきます。

当然、足の裏からも汗が出ますので、靴下を履いてしまうと汗で靴下が濡れてしまいます。

 

水分を吸収した靴下に足が触れることで、逆に冷えを加速させる作用を引き起こしてしまうという考えになります。

特に綿素材は乾きにくいので、冷え性対策としてはおすすめできません。

しかし、裏を返せばシルクなど速乾性の高い素材であれば大丈夫ということになります。

最近では、就寝時用の靴下も販売されていますので、素材に気をつければ汗の問題はそれほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。

 

次に2点目。

冷え性には直接関係ないのですが、靴下を履くことで体温調整を妨げる可能性があります。

人間は睡眠時に体温を上げたり下げたりしており、体温が上がる時にはレム睡眠、体温を下げる時にはノンレム睡眠の状態を繰り返し行うことで質の高い睡眠を維持することができるのです。

 

特に手足は、体温調整を行う上で重要な部分なため、足を靴下で覆うことで睡眠への悪影響が懸念されるのです。

体温調整が乱れると、深い眠りであるノンレム睡眠に入ることができずに眠りが浅くなり、翌日の朝に疲れが取れていなかったり頭がボーっとしたりしてしまう症状が表れることもあるんですよ。

 

ラスト3点目。

冷え性の主な原因の一つである血行不良を、靴下を履くことで加速させると考えられています。

 

しかし、これも裏を変えせば緩い靴下であれば大丈夫ということになります。

血流を阻害することもありませんし、睡眠時に脱げれば体温調整に大きな影響を与える心配も少ないのです。

このため、ゆとりのある靴下を履くこと自体は問題ないということになります。

布団に入ってある程度温まってきたら脱いでおけば、なお安心ですね。

冷え性対策で睡眠時に効果的なことは?

とは言え、なるべく睡眠時には靴下を履かない方がいいので他の方法も試してみましょう。

簡単にできることだと、湯たんぽがオススメです。

 

家に湯たんぽがない場合は、ペットボトルで代用していきましょう。

2Lの空のペットボトル容器にお湯を入れタオルで巻くだけで完成。

タオルを巻くことで保温性が高まり、長時間湯たんぽの機能を果たすことができるんですよ。

注意点としては、お湯は沸騰した直後の温度だとペットボトルが変形してしまうので、少し冷ましてから入れるようにしましょう。

湯たんぽを指先でコロコロ動かすことで、足先運動による血行促進の効果も期待できるそうですしね。

それでも足先が冷たくて眠れないというならば、レッグウォーマーを試してみましょう。

 

レッグウォーマーは膝下から足首までの範囲を覆うため、一見足先の冷えには効果ないように思われますが、実は足先までポカポカと温めてくれるのです。

と言うのも、ふくらはぎは足先に血液を流すポンプの役割をしており、ふくらはぎを温めることで温かい血液を足先に送ることができるからです。

レッグウォーマーを選ぶ際は、靴下同様締め付けが強いものは避けてください。

100円ショップでも売っていますので、まずは試しに履いてみてはどうでしょうか?

冷え性対策で寝る前の運動は効果ある?

冷え性の原因の一つとして体の発熱作用が弱いことが考えられており、これは自律神経のバランスの乱れが影響してきます。

このため、自律神経の乱れからくる冷え性は、自律神経を活性化させることで改善させることができると考えられます。

 

自律神経を鍛えるためには、有酸素運動を継続することが効果的です。

ですが、寝る直前の有酸素運動はおすすめできません。

これは、有酸素運動を行うことで体温が上昇するため、寝つきが悪くなるからです。

 

人の体は体温が下がることで眠気を感じ始めます。

ジョギングなどで体温を上昇させてしまうと、体温が下がるまで眠気を感じにくくなるという訳です。

 

だいたい体温が下がる時間の目安は2時間になります。

つまり、就寝2時間前の有酸素運動は寝つきをよくするために効果的と言えます。

直前はダメだけど、2時間前は効果的ということです。

 

同様の理由で、お風呂に入る時間も就寝2時間前が効果的になります。

ジョギングをしてお風呂を済ませた後の時間が、就寝2時間前になるよう調整するといいでしょう。

まとめ

冷え性対策で寝る前に靴下を履く際は、締め付けがないものを選ぶ必要があります。

できれば睡眠時は靴下を履かない方がいいので、湯たんぽやレッグウォーマーで温めるのが好ましいです。

自分に合った就寝スタイルを確立していきましょう。

スポンサードリンク