男のニキビの原因は乾燥肌?化粧水と乳液は必要?

スポンサードリンク

最近は、女性だけでなく男性も美容に気をつける時代ですね。

洗顔だけでなく化粧水をつけることは珍しいことではありません。

 

さて、男性の肌トラブルで一番の悩みはニキビです。

思春期のニキビは青春のシンボルと言われ、大人になるにつれ落ち着くのが普通です。

 

一方、大人になってから頬やフェイスラインにニキビが増える人がいます。

大人ニキビの原因の一つとして乾燥が挙げられます。

乾燥とニキビは一見無関係のような気がしますよね。

なぜ乾燥がニキビの原因になるのか、そして対策について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

男のニキビの原因は乾燥肌?

思春期ニキビの原因の多くは、男性ホルモンの分泌量の増加が考えられます。

男性は思春期になると一気に体の変化が表れ、体の成長と共に男性ホルモンの分泌量が増加されます。

 

この男性ホルモンがニキビに影響してくるのです。

男性ホルモンの分泌量が増えるということは、皮脂量の分泌量も増えるということです。

その結果、皮脂が毛穴を詰まらせ炎症を起こすことでニキビができるのです。

だから、ある程度思春期のニキビはしょうがない部分がありますね。

 

一方、大人になってできるニキビは、ストレスなども一つの原因として考えられますが、乾燥肌が原因である可能性もあります。

実は、乾燥が原因でできるニキビも思春期ニキビと同じ皮脂が原因なんです。

 

「乾燥なのに皮脂ってどういうこと?」って疑問に思う方もいるでしょうから解説していきます。

 

肌には防御機能というものがあります。

具体的には、肌の表面に水分の膜を張ることで、外部の刺激から身を守ろうとする役割のことです。

正常な肌だと、化粧水をつけなくても肌がつっぱらないですよね。

あれは、肌の水分量のバランスがよくバリアが機能している状態を示しています。

 

一方、乾燥肌の人は洗顔後に何もつけないと肌がつっぱりますよね。

これは、乾燥肌という言葉のとおり水分量が少ない状態を示しています。

このままでは肌が外部の刺激の影響を受けやすくなるので、肌はバリアを張るために皮脂を分泌させるのです。

 

「正常な肌の人と同じくバリアを張るのだから、乾燥肌だけニキビに繋がるっておかしくない?」と不思議に思いませんか。

実は、正常な肌と乾燥肌のバリアには大きな違いがあるのです。

 

それは、水分含有割合。

 

簡単に言うと、バリアの成分の違いということです。

正常な肌は乾燥肌と比べ、バリアに含まれる水分量が多いのが特徴です。

逆に、乾燥肌は水分量が少なく皮脂量が多いのが特徴と言えます。

このため、乾燥肌が張るバリアには毛穴を詰まらせる皮脂が多く含まれているため、ニキビができやすくなるという訳です。

 

こうしたメカニズムにより、乾燥肌の人でもベタベタと皮脂量の多い肌に変身してしまいます。

皮脂量が多いとどうしても脂性だと決めつけてしまいがちで、皮脂を取り除こうと洗顔を頑張ったり、脂取り紙を使ったりと努力してしまいます。

しかし、乾燥肌が原因のベタベタ肌にとってはそれが逆効果。

どんどん皮脂を分泌した結果、肌がニキビだらけになってしまうことも考えられるのです。

 

実は、スキンケアを怠りがちな男性は、女性よりも乾燥肌になりやすいんですよ。

脂性だと思っていた人でも、乾燥肌だったということも珍しくありません。

特に乾燥のひどい冬場にニキビが増える人は、乾燥肌が原因の可能性が高いと言えます。

男のニキビ対策には化粧水が必要?

乾燥肌がニキビの原因の場合は、皮脂量の除去よりも保湿をすることが大切です。

自らバリアを張ることで、皮脂の分泌量を抑えることが可能となるからです。

 

そこで、乾燥肌の男性は洗顔後に化粧水と乳液が必要になります。

特に、洗顔後顔がつっぱるという人は、乾燥肌の可能性が高いので乳液までがマストです。

化粧水だけでは、水分が蒸発してすぐに乾燥状態に陥ってしまうので、効果的とは言えません。

 

最近ではさっぱりタイプの乳液もありますので、乳液嫌いな人でも受け入れやすいですよ。

私のオススメは、無印良品の敏感肌用乳液(さっぱりタイプ)です。

ノンアルコールのため肌に優しく値段もお手頃ですので、初めて乳液を使う男性にとって挑戦しやすいものとなっています。

 

タップリ使っても2ヵ月くらいは使用できますので、ケチらずお肌に潤いを与えましょう。

さっぱりタイプじゃ潤いに欠ける場合は、しっとりタイプや高保湿タイプもありますので自分に合ったタイプを見つけましょう。

 

乳液をつけることで最初はニキビができやすい場合もありますが、1ヵ月は様子を見てください。

それでも改善しない場合は、化粧品が肌に合っていない可能性が高いので別の商品を試してみましょう。

 

また、洗顔時もゴシゴシと洗いすぎると乾燥肌がひどくなるので、泡を転がすように優しく洗いましょう。

乾燥肌のスキンケアの基本は、余分な皮脂を取らずに潤いを与えることです。

 

保湿をしているのに大人ニキビが改善しない場合は、ストレスなど他の原因も考えられます。

10個以上ニキビができてしまった場合は、自己流で治療するのは止めましょう。

自己流の治療ではニキビ跡が残る可能性が高く、せっかく治ったのに今度は痕に悩むことになりかねません。

 

ニキビ跡は一生治らないものもあり、ニキビよりも治療が困難になりますので、早い段階で皮膚科で治療を行うことが大切です。

トータルで考えれば、皮膚科での治療は自己流よりも安上がりしますので、ひどくなる前に診察を受けることをオススメします。

まとめ

大人になってからのニキビの原因は乾燥肌の可能性が高いです。

乾燥肌が原因のニキビであれば、男でも化粧水と乳液は必要となります。

保湿をしても改善しない時は、酷くなる前に皮膚科で治療するのが最善の方法です。

スポンサードリンク