お酒を飲んだ次の日に下痢をする原因や予防法は?ウコンが効果ある?

楽しい飲み会の次の日の朝、突然下痢になったことはありませんか?

腹痛がある訳ではないのでそこまで辛くはないけど、便が柔らかくなったり水っぽくなるのは気持ち悪いですよね。

二日酔いと同じく飲み会の副作用な気がしますが、何が原因なのでしょうか?

ここで、飲み会の翌日に下痢になる原因と予防法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

お酒を飲んだ次の日に下痢をする原因は?

お酒を飲んだ翌日に下痢をしてしまう原因は主に2つあります。

まず1つ目。

アルコールの過剰摂取により下痢が引き起こされることが考えられます。

 

アルコールというと肝臓をイメージしがちですが、お酒自体は飲み物ですので必ず胃と腸を通過します。

「食前酒」という言葉を聞いたことはありませんか?

あれは、食事の前にお酒を飲むことで胃の消化酵素の分泌を促し消化運動を活発にする狙いがあるのです。

このことから、アルコール自体は体にプラスの影響を与えることもありますので、単純にアルコールの摂取=下痢とはならないのです。

 

問題は量です。

アルコールを過剰摂取することは、腸が水分を吸収する機能を低下させ排出する便の水分量を増やすことを意味します。

また、腸の排便作用が活発になることで、食べ物が消化される時間が不十分となり、この消化不良が下痢につながることも考えられます。

要は、腸が水分を吸収する能力が弱まることと、腸に食べ物が滞在する時間が少なくなることにより、便に含まれる水分量が多くなることが下痢の原因になるということです。

 

次に2つ目。

水分量の過剰摂取により下痢が引き起こされることも考えられます。

人間の体は、短時間に多量の水分を摂取することで、腸が吸収できる水分量の許容範囲を超え下痢になることがあります。

もちろん、おしっこや汗などでも水分を排出することはできますので、下痢を引き起こす水分量には体質なども影響してきます。

お酒を飲んでもなかなか尿意を感じない人は、下痢になりやすい可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

下痢を引き起こす目安としては、1、2時間で2~3リットルの飲酒になります。

生ビール中ジョッキが350~500mlですので、だいたい4~5杯くらいです。

結構すぐに飲み干してしまう量ではないでしょうか?

飲み始めるとペースが乱れやすくなるので、知らず知らずに許容範囲を超えていることがありそうですね。

お酒で下痢になりやすい人の予防方法は?

お酒を飲んだ次の日に下痢する原因として、アルコールの過剰摂取の可能性が高いことがわかりました。

ということで、予防法は簡単ですね。

「飲む量とペースを抑える」ただそれだけ。

下痢になる量やペースには個人差があるため、自分の許容範囲を知ることが最も重要です。

これは経験でしか掴めませんので、自分なりのお酒の飲み方を確立するしかありません。

 

特に、飲み放題だと元を取ろうとガバガバ飲みがちですので気をつけてください。

アルコール度数が低いお酒だからと言っても、ガバガバ飲めば今度は水分量の許容範囲を超えてしまいますからね。

酔い始めるとペースが早くなりやすいので、ほろ酔いの時点でペースを抑える努力をしましょう。

 

ちなみに私の経験上では、アルコール度数の高い飲み物よりも、量を過剰に摂取する方が下痢になりやすいと感じます。

つまり、アルコールよりも過剰な水分が下痢に繋がるということです。

日本酒や焼酎をチビチビ飲んでいる方が下痢しませんし、逆にビールやサワー系を普通に飲んでいる方が下痢する可能性が高いからです。

 

また、冷たい飲み物は胃の消化機能を低下させやすいので、2杯冷たいお酒を飲んだら温かいお酒を挟むなど飲み方を工夫することも大切です。

お酒の下痢予防にウコンが効果的?

二日酔いの予防に効くと言われているウコンですが、翌日の下痢にも効果がある可能性があります。

一般的にウコンの効果は肝臓の機能を高めると認識されています。

一方、あまり知られてはいませんが胃の消化機能を促進させる効果があることもわかっています。

お酒を飲む前や飲んだ後にウコンを摂取することで、胃の機能をサポートしてくれるということです。

 

ただし、個人的にはウコンを飲んだからと言っても、お酒過剰に飲んでしまえば下痢になってしまうなと感じています。

あくまでサポートとしての位置づけですので、ウコンに頼ることは予防や対策にはなりません。

やはり、飲酒量を意識的にコントロールする己の意志が一番の薬と言えるでしょう。

まとめ

お酒を飲んだ次の日に下痢をする原因は、飲みすぎです。

下痢を引き起こすお酒の量には個人差があるため、自分では全然飲んでいないつもりでも許容範囲を超えていることが多々あります。

自分の体に合ったお酒の量を把握することが、翌日に下痢で悩まないための第一歩になります。

スポンサードリンク