花見を夜する時の服装は女性なら防寒が必要?持ち物と食べ物は?

スポンサードリンク

花見のシーズンになりました。

昼間の花見もいいですが、夜桜も風情があっていいですよね。

さて、夜の花見を計画している女性の方、服装は決まりましたか?

春と言えど、夜は気温が下がったりして中途半端な気候ですよね。

「夜は冷えるというのはわかるけど、冬用アウターは季節外れで浮かない?」と悩んでいる方は、

ここで、夜に花見をする時の服装や持ち物などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

花見を夜する時の服装は女性なら防寒が必要?

花見シーズンの夜の気温は、東京で平均10℃くらいです。

日中は15℃を超える日もあり暖かいのですが、夜は相当冷え込みます。

また、春というとポカポカのんびりとした気候をイメージされますが、

実は風が最も吹きやすい季節なのです。

このため、春の夜は気温だけでなく風が吹くことでさらに冷えを感じやすくなるのです。

春の夜は、冬とほとんど変わらない寒さを感じるのはこのせいです。

 

気温だけを考えると春物でも大丈夫なのですが、どうしても薄手になりがちなため風で体が冷えてしまいます。

そのため、夜桜を見る時の服装を選ぶ際は、防寒対策を万全にしておく必要があります。

風が吹いても大丈夫な服装が基本ですね。

 

そこで、夜の花見におすすめなのが、冬用のアウターになります。

一見季節外れかと思われますが、意外と冬の恰好をしている人は多いので浮くことはありません。

なにより、春物コーデの人達は震えています(笑)

 

春だからという固定概念のため、服装を失敗したという人は後を絶ちません。

特に女性は、冬の格好で暑いということはまずありませんのでご安心ください。

 

また、風が吹きやすい季節ですのでスカートはやめましょう。

めくれるのを気にしていては、夜桜を十分に楽しむことができませんよ。

 

ビニールシートを円になって囲む宴会スタイルだと、飲み物をこぼすなどのハプニングも考えられます。

お気に入りの服は避け、汚れても大丈夫な服を選ぶといいですね。

狙っている男性がいるなら話は別ですが(笑)

 

男性の意見として、服ばかり気にしている女性よりも、動きやすい服装の女性の方が好感を持てるそうですよ。

可愛い服装でもこの時ばかりは、「何しに来たんだよ・・・」と男性陣のヒンシュクを買っちゃうかもしれません。

トップスはフリフリすぎないニット、ボトムはジーパンや綿パンなど動きやすい服装がよいでしょう。

 

そして、意外と大切なのが靴です。

公園で花見をする方は特に注意してほしいのですが、ヒール系だと土に刺さって転倒する危険が潜んでいます。

雨が降っていない時でも、土が柔らかくなっている場所はありますので気をつけましょう。

無難にスニーカーが安全でオススメです。

花見で夜に便利な寒さ対策の持ち物は?

夜の花見をする時に、私がいつも持って行くのがひざ掛けです。

ビニールシートって夜だと結構冷たくなるんで、特に足が冷えてしまうんですよね。

ひざ掛けは単に膝の上だけでなく、ビニールシートの上に敷きその上に座るなどもできます。

冷え性の方にとって、ひざ掛けがあるのとないのでは。寒さが全然違ってくるので持って行くといいですよ。

また、貼るタイプのホッカイロもオススメです。(必ず服の上から貼りましょう。)

貼る場所は、腰もいいですが背中上部の肩甲骨の間が一番体が温まります。

ここを温めると僧帽筋など肩まわりの筋肉がほぐれ血行がよくなります。

温められた血液が全身を巡りますので、手の先までポカポカしてくるのです。

足先が冷えやすい人は、携帯用のホッカイロも持って行き足の付け根を温めるとそれほど寒くなくなりますよ。

 

また、散歩しながら夜桜を見たい人には、中敷きホッカイロがオススメです。

こちらは靴にセットするだけで、足で温められた血液が体中を巡り体中がポカポカしてきます。

しかも8時間も持続するので、途中で冷える心配もありませんね。

花見で夜にオススメの食べ物は?

夜の花見は、温かいものが恋しくなります。

しかし、オードブルは前もって温めておいても、いざ食べる時には冷たくなってしまいますよね。

電子レンジを持っていく訳にもいかないし、さてどうしましょう。

 

手頃なところでは、コンビニのおでんがオススメです。

カセットコンロと鍋を持って行けば、温かいおでんをつつきながら夜桜を楽しめます。

風情があって、ちょっと贅沢な気分を味わえますね。

 

実は私、以前夜の花見をした時に、隣のグループがコンビニのおでん鍋をやっていたのを見て非常に羨ましいと思ったのです(笑)

汁物だと冷めても簡単に温めることができるので、冷える夜にはベストな食べ物と言えるでしょう。

その場で料理を作るのは大変ですが、お鍋を運んでくるのも手が込んでいて楽しそうですね。

まとめ

夜に花見をする時は、防寒対策と動きやすさが重要です。

ホッカイロなど防寒アイテムを上手に活用することで、寒さを気にせず夜桜を楽しみましょう。

スポンサードリンク