端午の節句で食べるのは柏餅とちまき?由来は?地方で違う?

5月5日は端午の節句です。

今ではこどもの日と呼ばれ、こいのぼりや兜を飾り、男の子の成長を祝う日となっていますね。

皆さんは、こどもの日に食べ物の思い出ってありますか?

一般的に端午の節句の食べ物として、柏餅や粽(ちまき)が挙げられますが、

みなさんはどちらを思い浮かべますか?

今回は、柏餅やちまきを食べる理由や由来について確認していきましょう。

スポンサードリンク

端午の節句で食べるのは柏餅?ちまき?

端午の節句に柏餅とちまきを食べる理由ってご存知ですか?

まずは、柏餅の理由を紹介していきます。

 

カシワの葉というのは、新芽が成長しないと古い葉っぱが落ちません。

これを人間に例えると、「子供の成長を見届けるまで親は死なない」という風に捉えることができます。

つまり、子供がいない家庭では子供が生まれてくるようにとの願いが、子供のいる家庭では健やかに成長してくれるようにと願いが込められているのです。

「一族が絶えずに代々続く」という縁起物として柏餅を食べるという訳ですね。

 

少子化問題が広がる現代にこそピッタリな縁起物ですね。

婚活のラッキーアイテムとしてもいいかもしれません!

 

次にちまきを食べる理由です。

ちまきには「難を避ける」という意味があり、柏餅と同じく縁起物として食べられています。

お子さんのこれからの成長に困難が訪れないようにという親の願いが込められている訳ですね。

 

柏餅もちまきも子供の成長を願うという意味では同じだということがわかりましたね。

近年は全国的にこどもの日には柏餅を食べる家庭が増えていますが、少し前までは出身地によって柏餅しか食べてこなかったり、逆にちまきしか食べてこなかったなど人によってバラバラだったんですよ。

 

「ちまき?いやいや柏餅を食べるのが一般的だって!」と思っている人は、関東出身ではないでしょうか?

元々、関東では柏餅、東北や北陸では粽(ちまき)が広まったとされています。

端午の節句に食べられる縁起物について、それぞれのルーツを見ていくのも面白いですよ。

端午の節句でちまきを食べる由来

ちまきは、平安時代に端午の節句と共に中国から伝わったとされています。

ということで、中国の習慣が日本に伝わり現代にも引き継がれているということなんですね。

私が子供の頃は家族でちまきを食べていたのですが、当時は中国から伝わってきたとは知らずにパクパク食べていました。

スポンサードリンク

さて、中国ではどんな由来があってちまきを食べる習慣が根付いたのでしょうか。

そのエピソードを紹介していきます。

 

話は春秋戦国時代にまで遡ります。

楚の国の屈原(くつげん)という詩人がこの物語の主人公になります。

んで、この屈原。

国のために働く政治家としての手腕もすごく、王の側近としても活躍していたそうです。

 

ですが、屈原を嫉妬した同僚にあることないことをでっちあげられたことにより失脚し、それから政治が大きく傾いてしまったのです。

この結果、屈原の助言は王には響かず、隣国の秦の策略にハマった楚の国は衰退してしまいました。

 

これに失望した屈原は、5月5日に川で入水自殺をし、生涯に幕を閉じたのでした。

国のために動いていた屈原でしたが、最後まで自分を信用してもらえなかったそうです。

 

しかし、こんな立派な人ですから慕っている人々がいました。

人々は、屈原の亡骸が魚に食べられないようにと、小舟の上から太鼓を叩いて追い払ったり、魚のエサとして粽(ちまき)を投げ弔いをしたことがちまきを食べることの始まりになります。

これ以降、屈原の命日である5月5日には粽を作って食べる風習が端午の節句として中国に伝わるようになったのです。

まさか、ちまきが中国の政治家の命日に込められた食べ物とは驚きですね。

端午の節句で柏餅を食べる由来

中国から渡来したちまきと違い、柏餅は日本独特の食べ物です。

柏餅は、江戸時代に現在の関東エリアを中心に広まりました。

では、なぜ関東を中心に広まったのでしょうか?

一つの理由として、カシワの葉が西日本にあまり自生していなかったことが考えられます。

 

西日本ではカシワの葉の代わりにサルトリイバラの葉で代用することが多く、それを柏餅と普及していた時代がありました。

外交が盛んになった今では、カシワの葉が中国などから輸入してきますので、全国的に柏餅が広まっています。

しかし、近畿より西側では昔の名残で今でもサルトリイバラの葉が代用されることもしばしばあるんですよ。

サルトリイバラの葉で作られた柏餅は、端午の節句に込められた縁起物としてはどうなのかなとは思いますが・・・

 

また、柏餅の餡は「つぶあん」「こしあん」「みそあん」など甘いのが一般的ですよね。

しかし、江戸時代初期の柏餅は、塩味の餡いわゆる塩餡を用いたそうです。

というのも、江戸時代では砂糖は高級食材。

そのため、身分の低い庶民にとっては、甘い餡を入手することができなかったのです。

砂糖が安く手に入れる現代のことを江戸時代の人が知ったら、さぞ羨ましがるでしょうね(笑)

まとめ

ちまきは、平安時代に中国から伝わり、柏餅は江戸時代に今の関東を中心に広まりました。

こどもの日にちまきや柏餅を食べる時は、その意味を思い浮かべながら食べみてください。

ちまきは厄払い、柏餅は子孫繁栄の意味が込められていることをお子さんにお話しするのも伝統伝承になりますよ。

スポンサードリンク