鎌倉の桜はいつ開花する?満開や見頃は?おすすめの名所はどこ?

春は桜の季節ですね。

日本全国で桜を見ることができますが、桜を見ることができる期間は限られています。

どうせ見に行くのであれば、一番綺麗な時に見たいですよね。

 

関東では、東京や神奈川が桜の開花が一番乗りと言われています。

中でも、鎌倉には桜の名所がたくさんありますので、今回は鎌倉の桜事情について調べました。

スポンサードリンク

鎌倉の桜はいつ開花する?

神奈川県の桜の開花日は平年3月25日頃となっておりますが、2017年の開花予想はいつでしょうか。

さくら開花予想によると、3月27日頃となっており平年並となっています。

 

ただし、気象の変化により開花時期が前後する場合がございます。

このため、予想時期によって多少ズレる場合がありますので、3月中旬に再度確認した方がいいですね。

 

ちなみに、年によっては予想と実際の誤差が1週間となった地域もありました。

予想が必ず当たる保証はありませんので、常に開花情報を確認することが綺麗な桜を見るためには大切なことと言えるでしょう。

鎌倉の桜の満開や見頃はいつ?

では、鎌倉の桜の開花時期が3月23日頃ですと、満開日や見頃はいつになるのでしょうか。

さくら開花予想によると、満開予想が4月4日頃になることから、4月3日から4月9日頃が見頃となります。

この間がもっとも綺麗な桜を味わうことができるでしょう。

 

しかし、桜は雨や風に弱いので、気象状況によっては予想よりも早く散ることがあります。

そう考えると、9日ギリギリに計画を立てるのはリスクがありますね。

 

スポンサードリンク

満開時は混雑のピークですので、それも桜の醍醐味だと受け入れて混雑の中を突っ込む覚悟が必要でしょう。

少しでも混雑を避けるには、早朝に行くなど時間帯を工夫してみてはどうでしょうか。

鎌倉の桜の名所はどこ?

桜は鎌倉の様々な所で見ることができますが、中でもオススメな名所を紹介していきます。

カップルや夫婦だけでなく、友人同士でも楽しめる場所ですよ。

源氏山公園

源氏山公園内は長い坂や起伏が多いので、スニーカーなどの歩きやすい靴で行ってくださいね。

また、ハイキングコースもありますので、せっかくなので春の風を楽しんではどうでしょうか。

 

アクセスに関して、まず源氏山公園には駐車場がありません。

また、付近の道路も狭く観光客もゾロゾロ歩いていますので、車でのアクセスは避けた方がいいでしょう。

人気の名所ですので、近くの駐車場を探すのも一苦労ですよ。

どうしてもと言うなら鎌倉駅東口の方が余裕があるかと思います。(源氏山公園のある西口側は混雑が必至)

 

このため、交通手段には電車を使いましょう。

最寄りの鎌倉駅西口改札から徒歩で約20分となりますので、のんびり散策しながら向かうのもいいですね。

鎌倉山桜並木

常盤口というバス停から鎌倉山までの間の約3Kmにわたり300本を超える桜を味わうことができます。

こちらの桜並木は「かながわ花の名所100選」に選ばれています。

 

車上から見られるということで、満開時は車の渋滞が発生する時があるそうです。

ドライバーの方が桜に夢中になる可能性が高いですし、道幅も狭いので歩行者の方は十分お気をつけください。

運転手の方は、桜に夢中になりすぎて事故を起こさないよう注意しましょう。

 

アクセスは、JR・江ノ島電鉄鎌倉駅からバスで約20分「常盤口」下車 、

もしくは、JR大船駅からバスで約15分「鎌倉山」下車になります。

鶴岡八幡宮

初詣の名所としても有名な鶴岡八幡宮ですが、桜の季節も多くの人で賑わいます。

ここでは、桜並木が作り出す花のトンネルをくぐることができます。

また、源平池を取り囲むソメイヨシノも大変見ごたえがあり人気となっています。

 

アクセスに関しては、一応駐車場もあるのですが、40台と数に限りがあるためこの時期には混雑して身動きが取れない可能性が高いです。

このため、電車をオススメします。

JR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩で約10分となります。

まとめ

  • 2017年、神奈川県の桜の開花日は3月27日頃、満開時期は4月4日と予想されている。
  • 見頃は、4月3日から4月9日頃と予想されている。
  • 鎌倉には、源氏山公園、鎌倉山桜並木、鶴岡八幡宮などの名所がある。
スポンサードリンク