無花粉スギの花粉症への効果は?植林は進んでいる?反対の声も

スポンサードリンク

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉症は多くの日本人の悩みとなっており、国民10人に2人はスギ花粉だと言われています。

当たり前ですが、花粉が飛ばなければ花粉症にはなりませんよね。

そこで、花粉が飛散しない「無花粉スギ」というものが注目されています。

ここでは、無花粉スギの花粉症への効果や現状についてまとめたので、確認していきましょう。

スポンサードリンク

無花粉スギの花粉症への効果とは?

まず、無花粉スギについて簡単に説明します。

1992年に富山県の神社にあるスギの木の1本だけが、花粉を飛散していないことが判明したため調査を行いました。

その結果、突然変異体として花粉を飛散しない無花粉スギが発見されたのです。

意図的に作られたものではなく、まさに奇跡の発見ですね。

 

無花粉スギは、花粉を作る雄花の機能が正常ではないため、開花時期になっても花粉が全く見られないのが特徴です。

外見は普通のスギの木と変わりがないため、あの発見がなかったら今も見落とされていたかもしれません。

 

この無花粉スギの植林が進めば、日本中の花粉の飛散量が減りますよね。

このため、無花粉スギによって花粉症に苦しむ人の症状が軽くなる効果が期待できます。

花粉症で苦しんでいる方にとっては、無花粉スギの普及は希望の光と言えるでしょう。

無花粉スギの植林は進んでいる?

現在は、無花粉スギを増殖させることが課題となっています。

最初は挿し木をして増やしていく方法しかありませんでしたが、それでは無花粉スギの増殖に時間がかかりすぎてしまいます。

そこで、無花粉スギの異常性質を子に遺伝させることが最初の難関でした。

しかし、この問題は既にクリアされています。

研究機関が無花粉スギの種子をかけ合わせたところ、無花粉の苗を何本も育てることに成功しました。

これを皮切りに、無花粉スギの増殖に弾みがつき、万単位での増殖が可能となったのです。

現在は、富山県のみならず全国で無花粉スギの研究が進んでおり、富山県以外でも無花粉スギの遺伝子が続々と発見されています。

さらに、増殖だけでなく関東を中心とした無花粉スギの植林も進んでいます。

しかし、日本の森林の約18%がスギ人工林で占めているため、無花粉スギの普及にはまだまだ時間がかかるでしょう。

無花粉スギには反対の声も

594808

花粉症対策として期待が大きい無花粉スギですが、その植林には反対の声もあります。

というのも、無花粉スギの植林は、もともと異常変異で生まれた数本を人工的に繁殖させたものです。

今現在、生態系に与える悪影響が出なくても、植林が進んだ何十年後に何も影響が出ないとは限りません。

このため、安易に植林を進めて大丈夫なのかという不安の声が出ている訳ですね。

 

そもそも、スギの植林は第二次世界大戦後に家などを修復するために、大量の木材が必要となったため植えられたものです。

スギはヒノキやマツと比べ成長が早いために当時はよかれと思って植えたのですね。

 

しかし今現在、自分達で植えたスギが原因で、自身が花粉症で苦しんでいるのです。

日本人の自業自得とも言えますね。

もちろん、一般市民の私たちがスギの植林を進めた訳ではありませんので、被害者と言えばそうなのですが・・・

 

こうした歴史的背景からもわかるとおり、植えるメリットだけを考えるだけでなく、植えた後のことも慎重に考えていくことが大切です。

今後も様々な角度から無花粉スギは注目されるものですので、その動向を注意深く見守っていきましょう。

まとめ

無花粉スギは花粉症の症状を改善させる効果があります。

現在、関東を中心に普及が進んでいますが、無花粉スギが人間や生態系に与える影響も検討するべきでしょう。

しかしながら、無花粉スギがこれからも注目されるということは間違いないでしょう。

スポンサードリンク