車酔いの原因は大人の場合は?防止に効く食べ物と乗る場所は?

410276

楽しいドライブや旅行も車酔いになりやすい人にとっては辛いものです。

酔い止めを飲むだけでは不安ですので、何かしらの対策をとりたいところですよね。

 

そもそも大人でも酔いやすいと酔いにくい人がいるのはなぜでしょうか?

乗り物酔いの原因を明らかにして、車酔い防止のコツを学んでいきましょう。

スポンサードリンク

車酔いの原因は大人と子供で違う?

車酔いは、三半規管が刺激されることによる自律神経の乱れが原因とされています。

目で見る情報と三半規管が感じている感覚にズレが生じるため、脳が混乱し気分が悪くなるのです。

 

もう少し具体的に説明しましょう。

車の中でゲームをしたり読書をすることで酔いやすくなりますよね。

画面や文章など小さな範囲を見つめるため、視覚では動きを認識していません。

しかし、三半規管は加速や減速による縦の揺れとカーブやハンドルさばきによる横の揺れを感じているのです。

 

つまり、視覚情報は「動いていないよ」と言っているのに、三半規管は「縦横に振動があるよ」と言っているのです。

二方面から発する情報に大きな違いがあるため脳は「どっちやねん!」とパニックを起こすのです。

 

このように脳がバランスを崩すことで酔いの症状が現れるのです。

これは、平衡感覚の発達が始まる3歳頃から起こり始めます。

そして、思春期を迎える前に酔いやすさのピークを迎え、その後成長するにつれ酔いにくくなるのが一般的です。

子供の酔いの原因は、乗り物に慣れていないことが主な原因と言えます。

しかし、大人になっても酔いやすい体質の方は、乗り物に乗る経験が不足していることや自律神経が乱れやすいなど体質面の問題も考えられます。

心構えで酔いが改善する?

体調のコンディションが酔いには大きな影響を与えます。

普段は酔いを起こさない人でも、睡眠不足や体調不良の状態の場合では酔ってしまうケースも少なくありません。

このため、普段から生活リズムを崩しがちの人は酔いやすいと言えます。

 

また、精神面も大きく影響します。

「自分は酔いやすい体質なんだ」と思いながら乗車していると、体が緊張して余計酔いやすくなるのです。

乗車時は楽しい状態を作ることで酔いを抑える効果があります。

好きな音楽に合わせて歌ったり、友人とおしゃべりで盛り上がったりとなんでもいいので気分をハッピーな状態にしましょう。

スポンサードリンク

さらに、酔い止めを飲む際も「これは必ず効く薬なんだ」と思い込むようにすると酔いの症状が出にくくなりますよ。

酔い止めは乗車の1時間前に服用すると効果が期待できます。

車酔い防止に効果的な食べ物は?

普通の人であれば酔い止めを飲んでいれば症状を抑えることができますが、酔い止めの薬を忘れた時は不安ですよね。

また、酔い止めは眠くなりやすい成分が含まれている物もあるため、交代で運転する時は危険です。

そんな時は酔いにくくなる食べ物を口にして対処しましょう。

 

梅干しが効果があると聞きますが、これは三半規管の働きを整えると言われるからです。

しかし、中には梅干しの酸っぱさや臭いにより逆に気持ち悪くなったという人もいますので、自分に合うかどうか見極める必要があります。

個人的にはドロドロの梅よりもカリカリ梅の方が効果があると思います。

 

私の経験上、効果を感じたのはガムやスルメです。

これは常に口を動かし意識を噛むことに集中させることで効果が出るのではないかと思います。

歌ったり、おしゃべりしたりと同様の効果が作用しているということですね。

一度効果があったことで「自分はガムを噛んでいれば酔わない」という思い込みが作用していることも考えられます。

やはり、酔いには精神的なアプローチが重要なのではないでしょうか。

食べ物の注意点

乗車前に満腹になっていると余計に酔いやすくなります。

ですので、お昼休憩時の食事も限界まで食べるのは避けましょう。

また、吐くのが怖いからと言って朝から何も口にしなく空腹状態で乗るのも酔いの原因になります。

酔いにくい状態は腹八分目ですので、朝昼晩と適度な量の食事を心がけましょう。

車酔いになりやすい人の乗る場所はどこがオススメ?

一番酔いにくいのは運転席です。自分で運転で酔う人は滅多にいません。

運転しない場合には、助手席に乗りましょう。

 

後部座席は揺れを感じやすいので、酔いやすい人は避けた方が賢明です。

バスも後列に行けば行くほど揺れを感じやすくなりますよ。

 

助手席に座り、遠くの景色(山など)を見たり歌ったり自分に合った過ごし方を見つけましょう。

また、いっそのこと寝てしまうというのも一つの手です。

まとめ

乗車時に気分がすぐれないと感じたら休憩を申し出ましょう。

症状が軽いうちは休めば改善しやすいのですが、症状が重くなると回復に時間がかかります。

また、長時間乗車する時は体調を整えて、前日はしっかり睡眠時間を確保するなど努めましょう。

スポンサードリンク